自分の歩いた道が答えなのかな

ブログ村
日々泰用ブログ村バナー6
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

地図をみてルートを考える

旅の前なんかは、それはそれで結構楽しかったりもするのだが、現実として、まだ一歩も旅などしていない。だから、それで満足してしまってはもったいない。

実際旅に出てみると、予定通りになかなかいかない。え? わたしだけ?

ガイドブックに書いてある時刻通りにバスが出発するわけない。それならまだしも、そんなルートのバスがない! なんてことすらままある。そういううれしいハプニング。旅にはつきものだ。実際に旅にでたからこそわかること。でも、そこから本当の旅が始まったりする。なに言っているかよくわからないおばちゃんが、手を引っ張って、これに乗れ! とおんぼろトラックを改造したような車に乗せられる。え? と思いながらも、乗ってみる。道中、本当にこれでたどり着けるか? とドキドキしてみたりする。そのうち、目的地につけなくてもいいかな? などと思ったりもする。そこからまた考えればいい。そこに人がいる以上、たどり着く手段はあるはず。

そんな旅をしていると、事前の脳内旅行など全く無意味になっていたりもする。動けば動くほど道は変わるが、開けたりもする。だから、おもしろい。

だけど、現実を変えるにはその一つ先の次元に変化を創らなくちゃ。

それは「行動」でしか創れない。

でもそんなに難しい事じゃない。動けば必ずなんらかの変化が起こるから。
その変化の中から修正や調整の種を見つけて行動と修正のサイクルを回し続ける。あらゆる壁が現れるけど、それら越え続けてサイクルを回し続ける。するとあら不思議、結果に近づいてる。たったこれだけの事。

引用元:小西玲太朗氏『答えのない仕事を選ぼう』

答えのない仕事を選ぼう – 我輩は我輩である (1)

『自分の好きなことで生きる』道は、きっとそうやってもがいて歩いたところが道になる。それが、あなたの提供できるとてつもない価値になる。

その他タイ情報
日々泰用ブログ村バナー4
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

SNSでシェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です