本を出版する

ブログ村
日々泰用ブログ村バナー2
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

出版

実は随分と昔から、本を出すことが夢でした。ビジネス書とかそういう系ではなく、小説とか物語と言われるジャンル。空想・妄想力高めっていうわけではなく、単純にそういうのが好きだったというだけ。鈴木光司とか瀬名秀明とか、あのあたりを読み耽っていたときがピークだったかもしれない。同系の小説を片っ端から読んだり、小説の書き方、物語の作り方、それ系の本も読みまくっていた記憶がかすかにある。

それから、テレビドラマ全話まとめ視に走り、シナリオライターというものにも興味を持ち、シナリオライター養成講座なんかにも通ったりしていた。

その結果、こんなのが出来上がりました(笑)

そんな人生を歩んできたため、ものを書くことにはほとんど抵抗がないというか、いやむしろ好きなんです。ブログとかの存在には小躍りして喜んだ口です。

そんな風にして書きためたブログの文章を、ざっとまとめて、だいぶ補って、企画書じみたものをを作って、出版社に送ったことすらあります。奇特なそのうちの1社からは、ご丁寧な返事までいただいて、なんどか原稿のやり取りまでいったのですが、途中で出版できないと断らちゃったのですが。

要は、本を出したい! という夢を持っていて、中途半端な努力の真似事をして、途中で打ちひしがれていたってことです。

電子書籍

それから何年かして、『電子書籍』という言葉に出会います。ただ、当時わたしが耳にしていた段階では、小粒のプラットフォームがいろいろな形態でサービスを展開してる状況。とにかくめんどくさい。めんどくさい作業をやってもむくわれる気がしないようなシステム。ブログ書いていたほうがよっぽど救われる気がしておりました。

そんなところへ、Amazonが殴りこんでくるわけです。ていうか、Amazonが電子書籍を扱い始めた頃のことはよく知りません。Amazonの電子書籍が超絶便利でおいしい! と知ったのは、ほんと昨年末ぐらいの話。

それから、Amazonで電子書籍を出版する方法を調べて、試して、実際作って、販売までして、半年弱で都合10冊出版してみたのでした。昨年12月の頭に1冊目をテストで出版し、半ばに2冊目、年末に3冊目。その月の販売から得られた収入が約7000円。翌月は5万を超えました。

電子書籍出版についてならこちら!

_densyotitle_stpmail_maxresdefault

その他タイ情報
日々泰用ブログ村バナー1
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

SNSでシェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です