未来をつくるためには、過去に縛られる必要はないということ

ブログ村
日々泰用ブログ村バナー8
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

ちょっと塾の先生っぽい話をしてみようと思う。

テストで80点取ることを目標にしたとする。今まで60点取れていたなら、今までの方法の質と量を上げることを考えれば、達成可能な目標かもしれない。

が、今まで10点しか取れていないとしたらどうします?

時間はかかるかもだけど、そこからがらっといろいろなことを変えることを考えませんか? 授業を受けるときの様子から、家で遊んでいた時間を勉強時間に変えたり、問題集変えたり、環境から考え方まで変えたり。

子どもなら比較的そういう変化を受け入れやすい。

大人の方が難しかったりする。今まで積み上げてきたものでがっつり殻が固められているから。常識とか、自分がここまで歩いてきた方法論とか、そういう過去に。

そういう今まで培ってきた殻の中に、自分の可能性を閉じ込めてしまうことをやめれば、大人だって偏差値30からの大逆転なんて可能に思えてくる。

あなたも『ビリギャル』体験してみませんか?

大きな結果を掴みにいく為の選択とそれ以下の小さな結果を掴みにいく為の選択は違う。
だからリソースにも過去の結果にも執着せず、未来はとことん自由で僕らは過去なんておかまいなしに新しい自分になっていける。

そう信じてみると、自分がつくってきた常識という概念や基準値を簡単にぶち壊していけたりするんじゃないかと僕は思う。

過去の結果で殻をつくるな – 我輩は我輩である

引用元:小西玲太朗氏『過去の結果で殻を作るな』

私がこんなことを学んで、実践して、という場になっているのが『ベンチマークインフルエンサー研修』という場。わたしの基準値をびっくりするぐらい上げてくれた場である。しかも、きっとまだまだあげられる。人間はなかなか変われないかもしれないが、簡単に変われるとも言える。私はこの場で簡単に変われた1人である。あなたはどっち?

BENCHMARKアフィリエイトセンター第1期インフルエンサー研修生募集ページ

稼ぎたいなら影響力を持てばいい。 でも、普通に頑張っても影響力はつきません。 これを見れば影響力の付け方がわかります →http://directlink.jp/tracking/af/1419083/FJc5P4m6/

その他タイ情報
日々泰用ブログ村バナー10
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

SNSでシェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です