2020年大学入試改革Part1

ブログ村
日々泰用ブログ村バナー10
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

Amazon.co.jp: 2020年の大学入試問題  講談社現代新書  eBook  石川一郎  Kindleストア

東京オリンピックな年ですね。まだまだ先と思っていたら、もう4年後なんですね。4年なんてあっという間。試しに4年前を思い出してみてください。2012年、何があったかとwikipediaで調べてみたら、

  • 東京スカイツリー竣工
  • ロンドンオリンピック
  • 2012年の漢字は『金』
  • NHK大河ドラマは『平清盛』

…書ききれないので、あとはご自身でお調べください。そこからの4年間、長かったですか? 短かったですか? 私は平清盛はタイでも珍しく結構見てたので覚えていますが、いやこの年のドラマは結構見たな。『ATARU』『未来日記』『鍵のかかった部屋』『ゴーストママ』『ステップファーザー・ステップ』『浪花少年探偵団』などなど。なんでこの年はこんなに観たのかはよく覚えていない。いやいや、そもそもそんな話をしたかった訳では無い。4年ってすぐだぜ!って話をしたかった訳で。その4年後なんですが、東京オリンピックとは別に、大学入試改革なるものも実施されることになっております。大学入試? そんなの関係ねぇ! (すいません時代遅れで)などとばかりも言っていられない世の中なんですよこれが。今いるお子様はもとより、これからなお子様、はたまた自分自身にも大きく影響してくるであろうこの大転換とも言える改革。なんで急にこんなこと言い出したかといいますと、私の仕事がこれに直結しているってのもそうなんですが、人伝で知ってたまたま手にしたこちらの本。

半分ぐらいまで一気に読んだのですが、こちらからの影響が大です。いろいろと考えました。考えているだけだとうまい事まとまらないので、こうしてアウトプットしてみて自分の頭の中を整理してみるという、はた迷惑な思惑もあります。

一応、下記のようなことにまで言及しながら、何回かにわたって『2020年の大学入試改革』を皮切りに、その先の未来に広がる世界と、その世界で生きる子どもたちに必要な能力について考えてみようと思います。

  • 2020年の大学入試
  • アクティブラーニング
  • 英語教育
  • 東大の世界ランク
  • 将来なくなる仕事
  • そんな未来を生きる子どもたち

その他参考URL(記事ごとに追加)

ということで、本編は明日以降。今晩中には、たぶん上の本読み終わりそうなので。

その他タイ情報
日々泰用ブログ村バナー9
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

SNSでシェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です