ワン・ワレーンタインは…その1

ブログ村
日々泰用ブログ村バナー1
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

せっかくの休みなので、寝たいだけ寝る! の決意もむなしく、いつもと同じぐらいの時間に起きてしまう。なんだかちょっぴり悔しい。3匹の子豚でなくうさぎたちが、その時間になると駆け回り始める。いつも仕事に行く前に餌をあげてるのが仇となったか。歩いてるとまとわりついてくるのはかわいいが、きっと『飯!飯!早く飯!』と、それだけに違いない。うさぎ達に飯を食わせて、完全にうさぎたちのプレイグラウンド化したリビングの掃除。その後、ダイエットコーヒー片手に一服。ベランダで風に吹かれて至福のひととき。この一瞬があるからがんばれる。そんな気もする。

さて本日のメニューは、バレンタインのプレゼント購入と映画。バレンタインのプレゼント? 女性からチョコを貰えるというのは日本の常識、世界の非常識。ここタイでは、男性から女性にバラの花というのが、バレンタインデー。この日は、バラの値段が普段の数倍に跳ね上がる。愛の告白とか、まだ付き合って間もないカップルにとっては、バラが効果的かもしれないが、次第にその効果は薄れていく。花はいいからプレゼント! と事前指定が入ってきたりもする。facebookのタイムラインにも、『バラやくまのぬいぐるみとかいらないから、その分の金よこせ!』みたいな画像がたっくさんシェアされている。はっ! ダイエットコーヒーは、このための布石か?

幸いと言っていいのか極めて微妙だが、ゴールドという指定があったので悩まずに済む。金行(ゴールドショップ)に連れていって好きなのを選ばせばいい。1週間前だったらもっと安かったのだが、バレンタインのタイミングを見越してか、金の値段がいやらしく上がっている。さてペアルックという見せしめ拷問は、連れのがちょっと大きい(だったら買うな!)とか言い出して、土壇場で却下。ちょっと運勢上向き?

なぜだかいつもより念入りな準備で2時間を消費。時間は午後3時を回った。貴重な休みももうすぐ夕暮れ。ちょっぴり切なさもこみ上げる。いや、本当に切ないのはこれからの自分の財布なのだが。

BIG-Cというショッピングセンターに入っているゴールドショップに向かう。連れは鼻歌交じりの軽い足取り。まぁ、いっか。そのゴールドショップには、今まで見たことないような人だかり。どこも考えることは一緒なのか。連れも「ほら見てごらん!」と得意げに言わんばかり。バレンタインデーには愛する人にゴールドを、そんな風習早く書き換えてほしい。そんな人込みの後ろにスタンバイして、徐々に前に進んでいく。ようやくショーケースにたどり着いて、まずは指輪を確認。ざっと見ただけで指輪却下。気に入ったデザインがないようだ。ネックレスには興味ないようなので、必然的にソイコームー、手首に巻き付けるやつ。日本語でなんて言うんでしょう。知らなくてもいいか。喜々として選ぶ連れ。3つぐらいの候補に絞ってから、どれがいいか聞いてくる。正直どれでもいいのだが、そんなこと言えない。適当に選んでも、連れは見抜く。ちゃんとまじめに選ばないとならない。左手にも誕生日に購入させられた1本が巻き付いているのだが、それとは違ったデザインのものを選択。連れもそれがよかったらしく、特大にんまり。ほっ、一安心。して購入手続きに進む。無事購入完了!

さて次は映画。エスカレーターを下りながら、早速購入したてのゴールドを手に巻き付けようと、取り出す連れ。だがしかし! なんと選んだのと違うのが入っていた。慌てて引き返して先ほどの店員にそう告げると、「あら間違えた? ははは」。たいていこんな反応。無事正しいものと交換完了して、その場で手首に巻き付ける。ここでほんとに一安心。続いてエカマイメジャー、映画館に向かう。

つづく

その他タイ情報
日々泰用ブログ村バナー8
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

SNSでシェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です