月約1回のシーロム界隈

ブログ村
日々泰用ブログ村バナー2
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

住んでいるところがBTSスクンビット線沿線のオンヌットの奥。職場がプロンポンとか。そんな状況だと、大抵スクンビット周辺で日常生活は完結する。シーロム通りとかまず行かない。逆サイドのモーチットとかの方が行く機会は多い。チャトチャック市場というお金吸い取り場があるからだが。それでもやっぱり日常ではない。脱日常日常、非日常のの気分にならないとやるせない。というわけで自分の日常は、BTSで5駅、オンヌットからプロンポンまで。プロンポンから1つ先のアソーク、そこで地下鉄に乗り換えて更に4駅とか、ほんと狂気の沙汰とまではいかないが、少なくとも渡るに渡れぬ大河がどっしりと横たわっている気分。

そんなシーロムでも月に約1回、仕事の一端で行かねばならない。そんなシーロムだから、せっかく行くのだから何か旨いものでもと思うわけで。ちょっと前までは、横浜家系ラーメンの内田家一択だったのだが、内田家スクンビット・ソイ39店ができたので選択肢から外れた。さて、今回は何食べよう、普段行かないのだから普段食べないものという思考過程の末、ハンバーガーに決定。いや、探すの面倒くさかったので、すぐそばにあったフリーペーパーがたまたまハンバーガー特集、しかもシーロムにある店が載っていた、それだけ。

タノンサラデーンをシーロム側から半分ぐらい入った左手。バンコクバーガーカンパニー。

image

Welcome! と英語で挨拶されて、少々びびる(笑 お昼時真っ只中、客はファランの若者カップル1組。あとから2組のファランが来たが。挨拶は英語だったが、その後は早口タイ語でプロモーションの説明を受ける。ビールが安かったが、午後からの仕事のためにぐっと我慢。『BIG BOSS』付け合わせにフレンチフライとコーラ。待つこと10分ぐらいか?

image

きました。タワー型バーガー。下からレタス、トマト、パテ、ベーコン、チーズ、オニオンフライと肉汁もだが、よだれもしたたる組み合わせ。上からまずぎゅっと押さえつけてみる。それでも高さが半分ぐらいになった程度。がぶりとかぶりつくには技が必要。フォークとナイフなんか使ってられっか! と半分につぶしたバーガーを両手で持って、かぶりつく。上から下まで一気には自分の大口でも無理っぽかったので、まずは下のパテの部分に照準をしぼる。したたる肉汁にタフな噛みごたえ。ハンバーガー喰ってる感を十分満喫できる。次に上半分、オニオンフライを中心になんとかパテまで。このオニオンフライの上のソースがまたいい。オニオンフライのさくっと感とたまねぎの甘さもいい。なんとしてもトータルなハーモニーを味わいたい。このままでは難しいので、ナイフとフォークに登場いただく。切って重ねてなんとか全部乗せ、口に押し込む。しばしのち、恍惚。

頻繁にハンバーガーに300バーツオーバーとか払ってらんないので、極々たまにで十分。でもまたぜひ食べに来たい。

その他タイ情報
日々泰用ブログ村バナー10
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

SNSでシェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です