飛行機とホテルの予約

ブログ村
日々泰用ブログ村バナー8
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

主たる目的地は、ターチャイ島とプロンテープ岬とほぼ決定した。ターチャイ島はツアーで行くのだが、だいたいツアーの出発地はプーケット。プロンテープ岬もプーケット島で一番賑やかなバトンビーチから20kmぐらい南下したところにある。となればホテルはプーケットに決定だろう。そのどのあたりにするかはおいおい考えるとして。てことでまずはプーケットまで行く飛行機の手配から。

ざっとバンコクからプーケットまで飛んでいる飛行機は、

  • ノックエア
  • エアアジア
  • バンコクエアウェイズ
  • タイ国際航空
  • タイ・スマイル
  • オリエントタイ

こんなところであろうか。めんどくさがりな自分は全部など調べていない。愛用のアンドロイドタブレットにノックエアとエアアジアのアプリが入っているので、その2つを調べただけ。加えて2泊3日の自分的には弾丸日程。朝一で飛んで、最終で帰ってくるので決まりだろうと、ノック・エアアジアそれぞれの朝一・最終を調べてみる。と、ノックエアで往復2人で3600バーツ。思っていたより安かった。ラオスのビエンチャンとかでもバスで行ってしまう方なので、普段なかなか飛行機などは使わない。そんな人間の思い込みなどはほとんどあてにならない。でもやっぱり思っていたより安かったのは嬉しいものだ。多分、バスと料金そんな変わらないんじゃなかろうか。が、バスは時間は7~8倍、疲れもそれに応じて加わるのだが。

しかし、飛行機ってこんな楽にチケット取れるようになったのかと、改めて感じる。アプリ立ち上げて、発着日と行き先を指定すれば、選択可能な時間と料金が表示される。希望のものを選んで、余計なチェックは外して、さくさくっと決済画面へ。タイのカシコン銀行口座を登録してあるので、決済の瞬間に指定の口座から料金が引き落とされる。すべて手元のスマフォ端末で処理できてしまう。その後も、座席指定とかWebチェックインとかもすべて同端末でOK。バスのようにバスターミナルでどきどきする必要もない。飛行機利用も積極的に考えていいかなと思ったひととき。

さて、次はホテル。こちらは楽しい難航時間。とりあえずプーケットだけでも恐ろしい数のホテルが存在する。プーケット島自体もでかい広い。まずはエリア選択から。といっても初めての場所なので、なんにも知らない。てことで選ぶ基準がない。そんなときは、一番有名なところとか賑やかなところを選んでおけば間違いないかな? と判断。あまり悩むことなくバトンビーチエリアに決定。悩む基準もないので悩むだけ無駄。それでもホテルは山程ある。こちらもAgodaのアプリでざーっと眺めてみる。ていうか、ほんとこのタブレットなくなったら、どう生きていくんだろう。それほどなんでも出来てしまう。それほど一日の生活をタブレットに依存してしまっている。

とりあえず、ホテルの条件を列挙してみる。

  • 海の近く(海で泳ぐかはともかく)
  • 古びた感じがしない
  • ベランダでゆっくりできる
  • プールが充実(プール併設バーがあるとなおよし)
  • 朝食はなくてもいい
  • 賑やかな場所から離れすぎない
  • 予算は1泊2000~3000バーツ(約7000円~10000円)

とこんな感じだろうか。海の近くで賑やかな場所から離れすぎないてことで、随分エリアは限られて選びやすくなった。あとは予算範囲内の物件にお気に入りマークをつけて、お気に入りだけ表示状態にして、添付の写真を眺めてその他の条件で絞込。最終的に3つぐらいに落ち着いて、あとはインスピレーションで予約申し込み。こちらも登録銀行口座から即引き落としなので、らくちん。

このホテル選びの過程がなかなかに楽しい。ホテル滞在ももちろん旅の一部なのであるが、そこでの滞在を思い浮かべながら、ホテルの写真を眺めていると、まるで既にそこにいるかのような気分になってくる。脳内旅行は既に始まっている。ベランダからの眺めの写真を眺めながら、そこに腰を落ち着けて一服している姿を思い浮かべるし、天蓋付きベッドの写真でプチゴージャスな気分に浸ったり、プール併設バーで南国カクテルを飲んで体の内側から南国気分に、って今でも十分南国生活なのだが。とにかく脳はすでにプーケットに浸っていた。

あ、予約したのはこちらのバーン ライマイ ビーチ リゾート (Baan Laimai Beach Resort)

バーン ライマイ ビーチ リゾート Baan Laimai Beach Resort ・プーケット Agoda.com

飛行機チケットとホテルの予約で、この旅の骨組みは出来上がった。あと事前にしておくのは、今回のメインである『ターチャイ島』ツアーの予約のみ。荷物の準備なんかは前日でも十分間に合うし。

その他タイ情報
日々泰用ブログ村バナー1
もし記事が気に入りましたら、クリックしていただけるとうれしいです

SNSでシェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です